機種情報

最新新台入換情報

展示会に行ってきました

スロット新基準「3000枚規制」は朗報!? | パチスロ情報

潜入調査員M

 

今回は新機種情報ではありません。

 

 

 


皆様にとっては少し希望の持てるお話になると思いますので、おヒマな方は少しお付き合い下さい。


 

 

 

 

 

というのも、この新基準への変更に伴ってメーカーがあまり機械を作ってない為に、

紹介するマシンが無かったのでちょっとネタにしてみただけなのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の新基準に関する話題で、ネット上で最も懸念されている項目が「3000枚規制」です。

 

 

 

 

今月10月1日の時点を持って、5.9号機基準としての検定が始まりました。

これに伴って様々な規制が追加されましたが、3000枚規制がそのうちの一つです。

 

 

 


 


 

 

 

簡単に言うと、一撃で差枚数3000枚以上払い出しをする機械を作ってはいけませんよと。

 

 

 

 

 

 

 

 


もっとネガティブな言い方をすると、

 

 

 

 

 

 

「残りG数が1000Gあったとしても、3000枚出たらそこで強制終了。」

 

 

って事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

全く酷い話です。鬼ですよホント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも冷静に考えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「残りG数を1000G残して、強制終了♪」

 

 

 

なんてとぼけたマシンをメーカーが作ってくると思いますか?

 

 

 

 


そんな訳がありませんよね。



 

 

 

 

 

 

 

では一体どんなシステムで3000枚規制をクリアするマシンを作ってくるのでしょうか?

 

 

 

 


 

 

 

 

 

色々と噂される中で、最も有力な2つの説が

 

 

●リミッター付きの確変機・ST機

 

 

●シナリオ管理システム

 

 

 

と言われてます。

 

 

 

 

特にシナリオ管理の方は既に新内規で販売予定の戦国コレクション3が注目されており、3000枚規制を最も理想的な形で満たしているのではないかと話題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

一体何故、この戦コレ3が理想的だと注目されるのでしょうか?

3000枚規制などという鬼畜仕様の何に評価できるのでしょうか?

 

 

順を追って説明していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

まず、現行機でユーザーにとって最もデメリットとなっている点は何だと思いますか?

どの機種だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

あの機種と、あの機種・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

って、私が言うとメーカーから盛大にクレームが来るので言う事はできませんが(汗)

 

 

 

 

システム面で言うと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すばり

 


一撃性の高い低純増ART機(A+ART含む)

 

 

 

です。

 

 

 

 

一撃で大量のG数や期待値となる特化ゾーンを獲得し、これら全てを消化するのに5時間~10時間必要になるタイプのスロットの事です。

 

 

 

 

 

 

これだけ言うと大体「あー、あの機種とかあの機種かー」

 

 

って出てくると思いますが、どうして一撃性の高い低純増機種がユーザーにとってデメリットが高いのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういったことを少なからず経験した人が多いと思いますが、、

 

 

 

 

「残りG数を大量に残してるのに、もう閉店かよ!」

 

 

 

 

 

実はこれが全てなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな事はよくある話ですし、また時間がある時に引けばいいんだから。

 

 

でも実際、時間がある時には引けない・・・

 

 

 

 

 

あるあるですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スロットマシンには元々設定ごとの機械割というものが存在しており、最終的にはこの機械割に限りなく近い数字になるような動きをするように作られております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば機械割100%の設定の定義というのは

数十万ゲーム・数百万ゲーム後には大体±0の出玉に収まるような動きをすることになりますが、例えばこの過程の最中に

 

 

 

 

 

 

「ART1200G乗せたぞ!せっかく事故ったのにもう閉店だよ・・・」


 

 

 

ということになった場合。

 

 

 

 

 

機械割100%の定義としての過程で引いた1200Gが全てパーになるってことがどういう事なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、機械割の崩壊が起こっているということです。

 

 

 


 

 

 

 

 

こういった機種の多くは、店側が100%の設定にしたにも関わらず、実質100%以下の割数で動いている事になります。

「店が予定以上に儲かっててウハウハじゃないか、チクショー!」

と思われがちですが、こういった不本意な事例は結果的に店側にも不利益となります。

 

 

 

何故なら、そういった現実を身をもって体感してしまったユーザーはそれらの機種を打たなくなってしまい、結果的に早期稼働低迷へと陥ってしまう

結局売り上げ低下。

 

という訳です。

 

 

 

「遅いくせに一撃が大きい」スペックは欠陥品

 

 

などと言われているぐらいです。

 

 


 

 

 

 

 

 

ここまでの流れはご理解いただけたでしょうか。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではここからが本題なのですが、早い話が

 

 

 

 

 

 

3000枚規制が実施されると、


上記事例とは真逆の事が起こる

 

 

 

 

 

 

 

という訳です。

 

 

 

 


 

 

一撃性に3000枚という上限が設けられるということは必然的に、取り残しのリスクが減るという事にも繋がります。


また一撃の上限が設けられた分、初当たりからの上りの波に遭遇できる機会も増えると考えて間違いありません。

 

簡単に言うと「出玉は多くは無いけど、勝率は上がる」という事になります。

 

勝率の高い機種に対してユーザーが悪い印象を抱く事は少なく(演出がよほど劣悪な場合は除いて・・・) リピーターが増える事になります。

 


 

 

 

また、こういった種のマシンはとにかく短時間勝負に適しており、夕方からしか遊べないサラリーマンにとっては好都合でしかない訳です。

 


 

 

 

 

如何でしょうか。新基準に対して悲観していた方にも少しは光明が差し込んだ事かと思います。


だから私は、シナリオ管理システムによってこれらの条件を満たした最初のスロットである戦コレ3を結構楽しみにしている訳ですね。

 

 

 


 

 


まあ正直なところ、実際にマシンが導入されて動いてみないと分からない事なのですが、そこはメーカー様方の腕の見せ所。

スロットファンとしては、ユーザーがこれまで以上に楽しめるマシンをどんどん作って欲しいですね。

 


過去の記事

パチスロ大海物語4 | パチスロ新台情報

厳しいスロット規制が進む中、逆境にはビクともしない安定のAタイプ。   更にパ・・・

2018/4/26 16:03

CR一騎当千3サバイバルソルジャー | パチンコ新台情報

  いつもブレない高尾様より、爆NEWマシンが登場します。   ・・・

2018/3/29 16:37

パチスロ マイケル・ジャクソン | スロット新台情報

ガガ様といいマイケルといい、三共様ってビッグコンテンツを次から次へと平気で繰り出してきますよね。 ・・・

2018/3/11 9:58

その他の記事

プリシラと魔法の本| スロット新台情報

    こんにちは(´・ω・`)   最近行き・・・

2016/10/6 10:40

CRセクシーフォール セカンドシーズン|パチンコ新台情報

    こんにちは   エージェン・・・

2016/9/12 16:20

パチスロ未来日記| パチスロ新台情報

  皆さんこんにちは最近色々と書かせて頂いてます   情報エー・・・

2016/8/13 9:47